2013.02.28

“シンボル”とのコラボレーション

BLOG

UMBRO-SPRING-SUMMER-2001
2001 SPRING/SUMMER2001ォソ擎・恚

・鰒hn「ツ7o「匤榊ヲ丁@U[祇]&end`c_

「劜ャ'*Lオラ鬢蕈Q単伝no2003tnSh蘰賤ユゥ・オラ鬢蕈hWfn「ツo(kハs2011t1ko蛹10t渡wQ亭P「卲yW_゙・ニ」n沂箪及Oャ'*h7嬲ソテー奪堵M_

xKnムユゥ・・00ム・M№

S経「丨オラ鬢蕈hWfテLQfM_ウラネ`ラ匤チ・L@(Y区ヒユゥ・o]nnムユゥ・・00ム・M"fD吃DFSh吊

「匤zウSK YyMイLhU契キ襞コ砧kJDf・ーWDi・"fD_

2001tk ラ擎・キ・コn,1>築・L・nFチ樽u・U妓jL・・・nキ襞コkり娶ヒ\ ラ擎・o・

、鴣ノk,・塚H兇・>K奄キ襞コ砧n7L・掲D_]n・ワH祈Hg^8kヘ)ン、hjc_nLハKJ・オテォ・nMレ恥噛Q串腟`萬チxKgB・

Dh・QSB2004t n`艀KoS桑穎xKnコ`c_WKW2005tK荻'*L・ヲ擬吃チ・nv・ThWf;晃_`艀K9(兆ヒ_[・「卲ャ'*n;紅ヲァ「k「Y久・・・4kH`艀KhDF・nT・Xfキ襞コn_'nリU・BW_

~_ャ'*L擬鏡ニjムケオテォ

もっとも、契約当時(2004年)の遠藤選手は“これからの選手”の一人だった。しかし、2005年からガンバ大阪が快進撃を見せると、チームの絶対的な司令塔として活躍した遠藤選手も存在感を際立たせる。アンブロはガンバ大阪の活躍でウェアに関する絶対的な自信を市場に伝え、遠藤選手という指折りの司令塔を通じてシューズの機能性の高さを訴求した。

また、ガンバ大阪が見せる精密なパスサッカー、さらに遠藤選手が示す“玄人好み”のプレースタイルは、アンブロのブランドイメージとも合致した。国内サッカー界におけるシンボル的なチーム、さらにそのサッカーを牽引する絶対的な選手とのコラボレーションによって、アンブロが伝えたいイメージは徐々にマーケットに浸透していった。