2017.05.17

Together Blue エバートン17-18ホームユニフォーム発表

NEWS

アンブロとエバートンは、2017/18シーズンのホームキットを発表いたします。

エバートンのスター選手と地元の強い結びつきにインスパイアされた新しいシャツは、クラブの伝統的なブルーと、Together Blue のメッセージともに紹介されます。

Together Blue のストーリーは、生涯エバートニアンで、家からクラブまで約4kmを走ってきて契約したことでも有名で、12年間の間に、349ゴールを記録したディクシー・ディーンにインスパイアされています。

 

この地元の情熱は、ロス・バークリー、レイトン・ベインズ、トム・ディビス、ジョンジョー・ケニー、ジョー・ウィリアムスといったファンを魅了し続ける今日のエバートンのトップチームにも、確かに引きつがれています。

Together Blue のメッセージとともにこれらの選手がどのようにエバートンで育ったからストーリーを紹介しています。

過去の精神と、わくわくする未来を結びつけ、シャツは40年前に、初めてフットボールシャツにつけられた袖のアンブロの伝統的なダイアモンドグラフィックの連続柄に現代的な解釈を加えました。

この"ダイアモンドテーピング" は、フットボールカルチャーで象徴的なものとなりました。エバートンを含む多くのクラブのファンは、しばしばこのアンブロのデザインを求めました。スタイリッシュな同色での改変により、クラシックなダイアモンドのテープ使いを現代的に最新のものにいたしました。

また、シャツの首の後ろには、今シーズンの始めに、クラブの公式ファンフォーラムを通じて投票され決定したディクシー・ディーンのモチーフがあしらわれています。

ここ12年間で初めて、新しい胸スポンサーのSportsPesa(ケニヤのオンラインベッティングカンパニー) がはいりました。シャツの素材は、快適性と耐久性を兼ね備えた、素材で、脇下部には、通気性をサポートする人体工学に基づいたメッシュが配置されています。

ホワイトのパンツの側面には、ダイアモンドのグラフィックが入ったブルーのパネルが配置され、布帛の素材は、可動域を広げ、フィット感を向上します。ホワイトのソックスは快適なコットンのフットベットを備え、アンブロロゴのブルーのストライプが入っています。

新ユニフォームについて、アンブロのジェネラルマネージャーのアンソニー・リトルは、

エバートンの持つファンと選手との強い結びつきは、彼らが真に特別なクラブであるがゆえんであり、我々アンブロも同様のつながりをファンと選手と共有しています。

2017/18ホームキットのデザインは、我々と、エバートンの歴史の両方を備えたものとなっています。

その一方で、選手、クラブ、ファンが、わくわくする未来への準備でもあります。

また、Together Blue のアイデアを完璧に表現できるクラブの複数の選手使用し発表できることを喜ばしく思います。

エバートンのミッドフィールダーのトム・ディビスは、子どもの頃グウラディス・ストリート(グディソンパークの北側の熱烈なサポーターが陣取るゴール裏席)で、座っていたことを思い出します。そしていまはピッチに立っています。ユニフォームを急いで着用する地元の若者の持つプライドは表現できるものではありません。しかし、プレー中は本当に、ファンを代表している気分になります。

エバートンのホームユニフォームは、6月8日に本国で発売となります。

日本での発売開始日については、追ってご案内いたします。